スポンサードリンク

2007年06月06日

はしかと健康

はしかと健康

はしかと聞いて即答できる人いますか??

ってお医者さんじゃないので、分からんか?
もし分かったら、結婚してもいいよ(笑

健康って大事だね。

はしかって、

私が、大学のときもはやっていたな?
友人が、一大事とばかりに病院にいってたな。

病院って健康じゃない人が、いくところだよ(笑

まっ、健康大事にしてるってことは、いいことだけどね。

ところで、お医者さんって健康管理は、どうしてるかしら??


麻疹(はしか)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


麻疹(ましん、英Measles、元の用字は痲疹だが、漢字制限によって麻疹と書かれるようになった)とは、ウイルス感染症の一種。「麻疹」と書いてはしかとも読み、一般にはこちらの方が知られている。伝染力が強く、日本では一生に一度はかかると言われている。


原因

麻疹ウイルスによる。感染経路は空気感染・飛沫感染・接触感染と多彩。

臨床像
麻疹患者の発疹
麻疹患者の発疹

麻疹には、症状の出現する順序や症状の続く期間に個人差が少ないという特徴がある。ただし、免疫のある患者では、非典型的で軽症な経過をとることがある。ワクチン接種歴により軽く済むといわれるが、後年再び感染することが多い。

潜伏期間

麻疹ウイルスへの曝露から、発症まで8〜12日間かかる。

カタル期

カタル期は3〜4日間続いた後、いったん解熱する。 他者への感染力は、カタル期に最も強い。

発疹期

カタル期の後にいったん解熱するが、半日ほどで再び39〜40℃の高熱が出現し(二峰性発熱)、発疹が出現する。発疹は体幹や顔面から目立ち始め、後に四肢の末梢にまで及ぶ。

発疹は鮮紅色で、やや隆起している。特に体幹では癒合して体全体を覆うようになるが、一部には健常皮膚を残す。

発熱・発疹のほか、咳・鼻汁もいっそう強くなり、下痢を伴うことも多い。口腔粘膜が荒れて痛みを伴う。これらの症状と高熱に伴う全身倦怠感のため、経口摂取は不良となり、特に乳幼児では脱水になりやすい。

発疹期は発疹出現後72時間程度持続する。これ以上長い発熱が続く場合には、細菌による二次感染の疑いがある。

回復期

解熱後も咳は強く残るが徐々に改善してくる。発疹は退色後、色素沈着を残すものの、5〜6日程で皮がむけるように取れるとも報告されている。回復期2日目ごろまでは感染力が残っているため、学校保健法により解熱後3日を経過するまでは出席停止の措置がとられる。
【関連する記事】
posted by はしか at 14:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はしかと健康

はしかとは??

はしかってなに??

よく分からん!!
健康では、ないだろう??

近所の大学生が、休校になって学校、休んでいるらしい??

健康では、ないからだな。。


麻疹(はしか)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

合併症

麻疹に感染・発症すると一時的な免疫力低下が起こる(ウイルスがリンパ球などで繁殖するため)ので、感染症にかかりやすくなる。発熱時にへたに解熱剤などを投与した場合、細菌による二次感染の危険性が高まる。また、合併症は以下のように区分される。

脳・神経系の合併症

* 亜急性硬化性全脳炎(subacute sclerosing panencephalitis、略称:SSPE)

この病気は麻疹に感染後数年してから発症し、ゆっくりと進行する予後不良の脳炎である。麻疹に罹患した人の数万人に一人が発症するといわれている。まれに予防接種でも発症することがある。

* ウイルス性脳炎

1000人に1人くらいの割合で発症。熱発の程度と脳炎の発症率に相関はない。発症すると1/6が死亡、1/3に神経系の障害が残る。

咽頭〜気道系の合併症

* 麻疹ウイルスによるもの(中耳炎、肺炎、細気管支炎、仮性クループ)
* 細菌の二次感染によるもの(中耳炎、肺炎、気管支炎、結核の悪化)

その他

* ワクチン未接種の女性が妊娠中に麻疹にかかると子宮収縮による流産を起こすことがある。妊娠初期での感染では31%が流産し、妊娠中期以降でも9%が流産または死産、24%は早産との報告がある。

* 下痢
* 口内炎
* カンジダ症
posted by はしか at 14:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はしかと健康

はしか


はしかは、脅威か??
私が、大学のときもはしかが、流行するから・・・・

と病院に行っていた人が、いたな・・・

健康大事ですからね。

でも、すごい数になりましたね。
大学の休校の数、びっくり。健康、健康大事。


麻疹(はしか)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



治療

特異的治療法はなく、解熱剤、鎮咳去痰薬、輸液や酸素投与などの支持療法を行う。

ビタミンAの投与が症状の悪化を防ぎうるとの報告があったが、発展途上国のような低栄養(ビタミンA欠乏)状態の患児のみに有効であるとの指摘もある。

細菌性二次感染は少なからず見られるものの、抗菌薬の予防投薬は二次感染を予防するという根拠がなく、必ずしも推奨されない。

免疫賦活薬イノシンプラノベクスは抗ウイルス作用を示す。麻疹患者に接触後72時間以内の免疫グロブリン製剤の投与が、麻疹発症を予防するか、あるいは症状を軽減させることが認められている。しかしながら血液製剤であるため、適応は原則として、ワクチン未接種の乳幼児や免疫不全患者など、ハイリスク患者に限られる。

民間信仰

* 富山県高岡市では、「はしか」が流行すると九紋龍の手形の紙をもらい、「九紋龍宅」と書いて門口に貼って病除けにしたと言い伝えられている。
* 神奈川県横浜市や大和市、藤沢市に点在する鯖神社(左馬神社、佐婆神社とも言う)を一日で巡る「七さば巡り」をおこなうと、はしかや百日咳の病除けになるという。
* 愛知県や三重県では、アワビの貝殻を入口などにつるして、はしか除けをしたという。

予防

小児期に予防接種が行われている。しかし日本の予防接種率は低い。そのために、日本では麻疹の罹患数が多く麻疹輸出国として非難されている。ごくまれにではあるが、内攻型麻疹や出血性麻疹といった重症型の麻疹を発症することもあるので、予防接種は重要とされる。

罹患したことのある人、ワクチン接種を行った人は終生免疫を獲得するとされている。しかし、ワクチン接種を行っていても十分な抗体価がつかなかった場合や、麻疹ウイルスとの接触がないまま長時間を経過することによって抗体価が低下してしまった場合、麻疹を発症することがある。このような場合は典型的な麻疹の経過をとらず、種々の症状が軽度であったり、経過が短かったりすることが多い(修飾麻疹)。

ワクチン接種後の抗体価の低下を防ぐため、諸外国では年長幼児〜学童期に2回目のワクチン接種を行い、抗体価の再上昇(ブースター効果)を図っている。日本においても、2006年4月以降に1回目のワクチン接種を受ける児からは、就学前の1年間に2回目の接種を実施できるように予防接種法が改正された(麻疹・風疹混合ワクチンの項を参照)。

アメリカでは1970年代後期より麻疹ワクチンの徹底した導入により、現在の麻疹発生率は年間200人程度となり、メディカルスクールの学生の実地教育にも事欠くほどに患者が減少したと、言われている。
posted by はしか at 14:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。